2021年6月14日月曜日

向き合う出来事に意味を付与する

つながりとかかわりの中に生かして頂いて

ありがとうございます

 

この土日の二日間

とてもタイトなスケジュールで

睡眠時間も3時間弱しか取れなかったため

体が悲鳴をあげていた

 

昨夜は早めに横になって

睡眠時間を確保したが

今朝はまだ身体の調子が芳しくない

 

昨日関わった方々の顔が浮かぶ

そこから様々な想いが派生するが

いったん身体の力を抜いて

鳥の声に耳を澄ませ

呼吸を整える

 

感謝を捧げる意識で

宇宙にイメージを広げると

じんわりと体内の気の流れを感じる

宇宙と地球に感謝の想いを伝え

地球を抱く

ありがとう!

 

頭の奥に

頭痛が少し残っている

 

以前のように

各地の恨みの歴史に

意識が向くことは少なくなった

 

全てが今に凝縮されている

今を誠実に生きること

 

それが

「今」をつくるために支えてくれた

過去の全てのあゆみに対する

感謝の印

  

人それぞれに人生の歩みがあり

何が良いとか悪いとかということはない

どんなあゆみにも

禍福の両面が糾(あざな)われていく

 

縁あって生じた

その一つ一つを味わいながら

人生が紡ぎ出されていく

 

時間の流れを早く感じるようになったのであれば

向き合う一つ一つの出来事を大切にしなさい

 

どんな物事の中にも

喜びや楽しみを見出して

感謝できる自分でありたい

 

向き合う出来事に意味を付与する

その行為自体が

人生の創造である

 

ありがとうございます

2021年6月13日日曜日

「やりたいこと」が自分を苦しめるなんて!

つながりと関わりの中に生かして頂いて

ありがとうございます

 

やるべきことのリストがなかなか減らずに

追われているような強迫観念が

ずっと付きまとっていたけれど

よくよく振り返ってみると

全て自分がやりたいことばかり

 

出会った人たちの顔が浮かぶ

関わった人たちの顔が浮かぶ

アクティブに動いたからこそ

繋がったご縁

ありがたい

 

自分がやりたいと思ったことであっても

リストにしてまとまってしまうと

自分自身に対する圧迫になってしまう

 

でもこうして

やりたい事に追われながら

ひとつずつ取り組んでいけることは

とても幸せなことなんだなぁと

しみじみと感じる

 

こうして毎朝

感謝の時間を持って

感じたことを文字にして行く

このこと自体も

やりたくてやっていること

 

窓の外に鳥のさえずりが聞こえる

 

身体の中に

ありがとうを満たしていくと

身体を感じる感度が上がる

 

睡眠不足からなのか

頭の芯から登頂の左右にかけて

鈍い痛みがある

 

自分の身体の

細やかな機微を感じられることに

また喜びを覚える

 

今日もやりたいことが多くて

やり残しの重圧の中に

ずっと晒されるような

1日になりそうだ

 

やりたいことなのだから

その一瞬一瞬を

精一杯楽しもう

 

そう考えるだけで

とても気持ちが楽になった

2021年6月12日土曜日

接した方々の顔が浮かぶ

つながりと関わりの中に生かして頂いて

ありがとうございます

 

朝晩の感謝の時間に

こうして繋がりと関わりを意識していくと

お会いした方々の顔が浮かんでくる

オンライン上で接した方々の顔が浮かんでくる

メールや電話、メッセージなどの

やり取りをした方々の顔が浮かんでくる

とても温かい気持ちになる

 

呼吸と共に

ありがとうを繰り返し

体のすべてに行き渡らせる

身体と宇宙が

フラクタルにシンクロして

宇宙全体に

感謝のエネルギーが満ちていく

それはやがて慈愛のエネルギーになり

全身にじわっと感動が走る

 

一方で

意図的にこういう状態を意識することへの

違和感も芽生えてきた

 

身体が欲していること

身体が感じていることを

そのまま感じることで

見えてくることがあるんじゃないだろうか

 

接した方々の顔が浮かぶことから

派生して様々なアイデアが広がることもある

それもまた自らの内から湧き出てきたもの

 

何も考えない

力の抜けた心地よさと 

自分で考えることでは至るのことできない

アイディアが湧き出てくる喜び

 

この二つの狭間で

グルグルしている

 

両方とも大切

両方とも中途半端にならないように

バランスが大事

2021年6月11日金曜日

数息観の要領で

つながりと関わりの中に生かして頂いて
ありがとうございます
 
睡眠時間は足りていないけれども
穏やかな目覚め
 
四方拝に続いていつものように座る
何も考えたくないような感覚が
とてもプラスに働いている
 
宇宙=私の身体、私の身体=宇宙
地球=私の身体、私の身体=地球
 
数息観の要領で
1回の呼吸の間に
ありがとうを何度も繰り返す
 
私の身体の中がありがとうで満たされる
宇宙がありがとうで満たされる
地球がありがとうで満たされる
 
指先に血流が流れている感覚
 
宇宙空間が
慈愛のエネルギーで満たされている感覚
 
やがてゆるやかに上半身が動き出す
両腕が気功体操のようにに動き出す
体のコリをほぐし血流を整えるかのように
 
身体が動きたい動きに身を任せる
 
感謝をするのか(自動詞)
感謝を捧げるのか(他動詞)
両方ともに大切で
どちらでもない混然一体となった感覚 
 
やるべきことへの焦りも感じない
穏やかな感覚
 
さあ、今日も動き出そう!


2021年6月10日木曜日

空(くう)の瞑想

つながりと関わりの中に生かして頂いて
ありがとうございます
 
今朝は
気持ちよく目覚めた
何か夢を見ていたが
内容は全く覚えていない
 
昨夜はとても遅かったので
睡眠時間としては足りていない
今日に限っては
かえってそれが良かったのかもしれない
力が抜けている
 
最近、朝の感謝の時間を持とうとすると
やるべきこと、やりたいことが
どんどん湧いてきて
何か違和感を感じていた
 
今朝は
穏やかな感覚
 
昨日関わった人たちの顔が浮かんでくる
リアルよりもオンラインでの接点がはるかに多いが
一つ一つの関りの時間から
たくさんの刺激をいただいている
豊かな時間
ありがとう
 
外からは
人工の音しか聞こえてこないけれど
それでも
外界の音に耳を澄ます心の動きがあることが
嬉しい
 
空(くう)の瞑想の時間にしてみよう
あまり何も考えずに
ただただ感謝をひろげる
 
肩の力の抜けた
自然体の時間
考えることも億劫な
何も考えない時間
 
その中から湧いてくるもの
その中を流れていくもの
そこに感謝の想いを乗せていこう
空(くう)の中に
感謝のエネルギーを乗せていく
私の身体の中に広がる感覚は
宇宙全体に広がる感覚
地球も含めて
すべてを包み込む
混然一体
 
こうした感謝の時間を持つ感覚は
私の中では新しい
しばらく、繰り返してみたい
 
頭の右奥に一瞬、痛みが走る
まだ完治してないみたいだ
バランスが崩れたままなのかな
 
こういう感じ方も
また嬉しい

2021年6月9日水曜日

心身のエネルギーを奪うもの

つながりと関わりの中に生かして頂いて
ありがとうございます
 
ありがとうと伝えることのできる関係
思いが向く
ありがたさが胸の底から湧き上がってくる
 
全ての存在と
そんな関係を感じられたら
本当に至福だなぁ 
 
こうありたいという願望かもしれないけれど
それでも全ての存在に感謝する時間を持つことは
とても幸せなことだと思う
 
このところ
自分の意識がどのように変わってきたのか分からないけれど
地球の中心の存在
宇宙から私たちを見守ってくれる存在
感じることが弱くなった気がする
 
現実にどのように向き合い
どのように行動するか
に意識が向いてきている
 
悪いことではないけれど
バランスが必要な気もする
 
関心の軸が変わってきている
現実世界とどのように関わっていくか
ということに
意識が強く向いている
 
それでいいのだけれど
内面の軸を失わないように
現象に流されると
目の前の取り組みに埋没してしまう
 
現実世界の中で漂流しないように
立ち返る軸をしっかりと掴み
そこに戻って翼を休める
 
中心軸とのつながりからエネルギーを得て
また現実世界で歩み出す
 
この感覚を
しっかりと 
保つこと
 
やるべきことが多くて
「忙しい」時ほど、
大切にしなさい 
 
心の隙間を埋めるための時間の浪費は
身体にも負担を掛ける
心の軸も狂わせる
それは、本来取り組むべきことへの
エネルギーを失わせる
 
体と心を緩める
休み方を覚えなさい
 
現代社会の娯楽は
リラックスにならないものが多い
心身のエネルギーを奪っていく
 
穏やかな体と心の安らぎを
感じる時間を持ちなさい
 
これは 
これからの時代に求められる取り組み

2021年6月8日火曜日

感謝はつながりの証

つながりと関わりの中に生かして頂いて
ありがとうございます
 
今朝は体調がすぐれずに
四方拝のあと
感謝の瞑想の時間を持とうとしても
なかなか意識が感謝に繋がらない感覚
 
カラダの状態が
こんなにも大きく
意識のあり方に影響するのかと
愕然とする思いと同時に
自分の内にある感謝の思いが
こんなものだったのかと
残念な気持ちが湧いてきた
 
大地と地球への感謝
宇宙への感謝
太陽と月への感謝
地球上に生きる全ての存在への感謝
直接具体的に関わる方々への感謝
 
全てのつながりと関わりの中に
自分自身が存在し
生かされている
 
頭で考えることと
心に感じることは違う
 
感謝の感覚を
心で感じていたい
 
ありがとう!という思いが
胸の底から湧き上がるとき
深いつながりを感じる
 
感謝はつながりの証
ありがとうって言えるのは
関りがあるから
つながりがあるから
それがありがたい!

2021年6月7日月曜日

行動をデザインする

つながりと関わりの中に生かして頂いて
ありがとうございます
 
朝、
目覚めて起き出す前のわずかな時間に、
今日取り組むことや行うことのイメージ、思いが
自分の中で巡っているのを感じる
目覚めてそれを思い出しながら掴もうとすると消えていく
まるで夢の内容を思い出そうとしてるような感覚に近い
 
毎日、朝と夜に行う感謝の四方拝が
習慣化してきた
いつもやっている感覚と同時に
最初の頃の
「そこに感謝の想いはあるのか?」
という自問が弱くなったように感じる
 
意識の軸が
内面に向き合うことから
活動し、行動し、形を築いていくことに
移ってきた
潜在意識と顕在意識の境目を流れる
曖昧な微細な意識の流れは
内面のテーマから行動に関わるものに
移ってきている
 
このまま行動を軸にした意識状態に移っていくと
内面に向き合うことが弱くなってしまう
 
バランスがとても難しいと感じる
 
これまで、このような場合は
無自覚に
行動(What to do)に完全にシフトしていっていた
 
しかしこうして感謝の時間を持ち 
それを振り返りながら文字にする時間を持っているため
何をどのように展開しようかという行動の意識と
内面に向き合う意識が
相克している
 
そのため、行動に完全にフォーカスした時のような
スピードと躍動感を持った動きにはならない
 
しかし同時に
相克が起きていることに
気付いたのは今回が初めてだ
 
正解はない
何を選択するか、だ
 
朝の時間は
四方拝と集中した短い感謝の時間
そして、そこからは
行動に軸足を置いたイメージの展開を広げてもいいかもしれない
 
行動の勢いが収まるタイミングで
もう一度瞑想中心とした感謝の時間を設ける
お昼ごろか、午後になるかもしれない
 
潜在意識の持つ可能性を十分活用したい
そのために、行動をデザインする
 
決めた事に縛られるわけではない
合わなくなればデザインを変える
柔軟さを持って取り組む
 
全てへの感謝と宇宙を慈しむことを軸として
現世における行動を
今よりも力強くスピードアップして躍動的に展開する
  
今のベクトルはそういった方向を持っている
やがてまた静かな方向に行く時は来るだろう
波動関数のように
大小の波の重なり合いを持って進んでいく

2021年6月6日日曜日

大切にすることは、甘やかすことではありません

つながりと関わりの中に生かして頂いて
ありがとうございます 
 
自らの身体は宇宙の相似形
宇宙全体を大切に思うのであれば
自らの身体をしっかりとメンテナンスしなければなりません
 
宇宙の循環が滞ってしまうならば
エネルギーの流れやそこで生まれ起こることに
支障が起きてしまいます
 
あなたが宇宙を大切にしてくれるのと同じように
あなた自身の体を大切にしてください
相似形、フラクタルですから
 
睡眠時間、就寝時間に気を配り
身体を動かして適度な運動を行い
食べることのタイミングや量、質にも
意識を向けてください
 
大切にするということは
甘やかすことではありません
規則正しく健康的な状態であり続けるということですから
むしろ厳しいことなのかもしれません
 
怠惰な思いなど、心身の欲望に流されることなく
自らを律していく強さが求められます
 
 
何かに集中して、一つのことを成し遂げ
そこで気が緩み、たくさんの時間を浪費してしまう
そんなことを繰り返しています
 
 
集中した後に、緩めることは大切です
しかしまた
緩めた状態から、素早く集中した状態に
切り替えることも覚えなければなりません
 
神経はそれがすぐにできます
あなたの心の状態意識のあり方が
問われているのです
 
一度、緩んだ気持ちを
もう一度集中させることは
容易なことではありません
 
そんなときは
しっかり座って瞑想する時間を持ってみてください
祈り感謝する時間を持ってみてください
身体を動かすこともいいでしょう
 
自ら律し、自ら歩んで行くためには
ここは避けて通れないテーマです
 
想いだけでなく
形を作っていくために
しっかり取り組んでいきましょう 

2021年6月5日土曜日

微細な感覚を言葉にしていく

つながりと関わりの中に生かして
頂いてありがとうございます
 
この時間を持ちはじめて2ヶ月
感謝の時間といいながら
最近は
感謝よりも何をするかの方に
意識が向きがちになっている
 
改めて振り返る
言葉にすることの大切さを
しみじみと感じる
かすかな心の動きをとらえて
言葉にしていく
 
この時間があったからこそ
前進することができた
前進した結果
取り組みたいこと、取り組むべきことが
より明確になってきた
 
この期間は、
自分自身の内面との
対話の時間だったのだと思う
 
対話の中から生成してきた自分自身の方向性
「恨みを残さない人生づくりの支援をしたい」
 
生老病苦、様々な体験を味わい
喜怒哀楽、様々な感情を味わい
たとえ
苦しみや悲しみ、悔しさや無念さの
中にいる時間が長かったとしても
人生の節目には、ふりかえって、
あの体験、この思いがあったからこそ、
いまの自分がある
ありがたい
と感謝で振り返ることができるような
自分自身でありたい
 
そして、
そのような人生づくりの
お手伝いができたらいいな
 
 
一方でやること・方向性が明確になった分
内面への意識の関心が薄れてきている
 
感謝を捧げる気持ちが弱まってる気がする
 
これが原点なので
自分自身の軸として
しっかり繋がり続けたい
 
感謝を捧げるその時間にこそ
自分自身の存在意義を感じていた感覚を
失わないようにしたい
 
地球に感謝
ーー大地、そしてその奥の中心から湧き出すエネルギー
  慈しみ守り育てていただいている
宇宙に感謝
ーー宇宙の中心から頂くエネルギー
  慈愛に満ちた空間、漆黒なのに明るさを感じる
太陽に感謝
ーー大きなエネルギーなのに柔らかくて暖かい
月に感謝
ーー月の重力の影響で
  様々な地球の生命の営みが
  生み出されてきた
  ありがとう
 
ありがとうございます

2021年6月4日金曜日

与えられた場所で

つながりと関わりの中に生かして頂いて
ありがとうございます 
 
太陽系の中で
地球が地磁気を巡らせながら
宇宙線から地球の中の生命を守っている姿を
イメージした時、
地球は
本当に自分の大切なものを
必死に守りながら、
与えられた環境の中で
一生懸命に生きてるんだな、と
とても愛おしく感じました
 
大地に住まう様々な生命
大海に生きる様々な生命
大空を舞う鳥たち
大地の中に住む生命
様々なものを抱えながら
地球はそれを慈しみ
必死に守ってくれている
 
同じように
一つ一つの命が
自らの大切なものを
慈しみをもって守りながら
一生懸命に存在し続けている
 
その慈しみの連鎖の中に全体がある
一つ一つがかけがえのない尊い存在
大きさという概念を外してみると
それがよくわかる
 
一生懸命に生きているから
尊い
美しい
感動を覚える
そして、それは
私たちに生き方の手本を
示してるかのようだ
 
自らに与えられた環境の中で
一生懸命に生き切る
もがき苦しみ、悩んでもいい
整ってなくても、美しくなくてもいい
 
そのありようそのものが
美しいものだから

向き合う出来事に意味を付与する

つながりとかかわりの中に生かして頂いて ありがとうございます   この土日の二日間 とてもタイトなスケジュールで 睡眠時間も3時間弱しか取れなかったため 体が悲鳴をあげていた   昨夜は早めに横になって 睡眠時間を確保したが 今朝はまだ身体の調子が芳しくない   昨日関わった方々...