2021年11月29日月曜日

葛藤、苦しさ、悲しさ、憎しみも、大切な私の一部

つながりと関わりの中に生かしていただいて、ありがとうございます。

朝晩の簡単な四方拝であっても、
リアルにまたはオンラインで出会った方々との
やり取りが浮かんでくる。
つながりの中に生かされていることを感じる。

そのつながりや関わりから、
たくさんの刺激や気付きをいただいて、
自分自身が大きくなっていく。
本当にありがたい。

そのままでも十分にいいんだけれど、
交わり関わる中で、
自分とは異なるたくさんの視点、
情報、知識などをいただくことができて、
それが刺激的でとても面白い体験になっている。


楽しさや嬉しさも大切だけど、
苦しみや悲しみを通してしか味わえないこともある。

葛藤、苦しさ、悲しさ、憎しみなど、
一見ネガティブな負の感情であっても、
それが湧きおこる源には、
私が大事にしたい大切な想いが眠っている。

憎しみの背後に、
分かり合いたいから、
こんなに努力しているのに
分かってくれない、
という想いがあるとしたら、
それに気づくだけでも大きな収穫。

分かり合いたい自分がいるんだな。
そのために努力している自分がいるんだな。
分かってくれないことを悲しく思う自分がいるんだな。
自分自身のことが見えてくる。

自分のことを分かってもらおうとするのと同じくらい、
相手のことをわかろうとしていたのだろうか?

ハッとするような気付きに至るかもしれない
同じ表現の言葉を使っていても、
その言葉に込めた意味や想いは人それぞれ

異なる態度や表現であっても、
その背景には同じような想いがあることもある

込めた思いのすり合わせは、手間も時間も掛かるけど
そのプロセスはとても有意義

ここに意味を見出せるかどうかで、
関係のあり方が変わってくる

ありがとうございます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

救いのシステムとプロセス

天国・極楽も、地獄も、同質の人が集まる世界 仏教の須弥山の世界、三千大千世界も同じような構成のように感じる 異次元の世界は、こういう傾向が強い 変化に乏しく、つまらないことはないだろうか? この世界だけが多種多様なものが混在して存在する特殊な世界 それは、なぜか? 例えばデパート...